DRAGON BALL について
( 2013/7/18 更新 )


鳥山明原作の『DRAGON BALL』は、『週刊少年ジャンプ』に1984年から95年まで連載され、86年2月からTVアニメとしても放映され高視聴率をあげた国民的漫画。 世界各国でもTVアニメ、コミックスとも人気を得、今では日本漫画を代表する作品となっている。


DB情報

2013年9月13日劇場版「ドラゴンボールZ 神と神」の
DVD・ブルーレイが発売になります。
情報確認は東映ビデオサイトにて。     (2013/7/18)

劇場版「ドラゴンボールZ 神と神」が
2013年3月30日に公開されました。
詳細は公式サイトでご覧ください。     (2013/7/18)


DRAGON BALL の 物 語

主人公は孫悟空という名の尻尾のある少年。育て親の孫悟飯じいちゃんと死別し、他の人間に会うこともなく山奥で自給自足の一人暮らしをしていました。そんなある日、大都会からドラゴンボール探しにやって来たブルマという少女と出会います。ブルマが探していたのは、7個揃えると神龍が現れてどんな願いでも1つだけかなえてくれるという代物。悟空はじいちゃんの形見としてそのドラゴンボールの1つを大切に持っていたのです。そして2人は残りのボールを探す旅に出ます。

じいちゃんから武道を教えられ自信のあった悟空も、冒険の中で多くの人出会い「オラより強い奴」がたくさんいる事を知ります。そして、より強い相手と対戦し自身もより強く成る事にわくわくと喜びを感じ、成長していきます。少年から青年になり、夫となり父となり、孫が生まれても、悟空のその思いは変わりません。

孫悟空という名前、如意棒に筋斗雲、中国風な舞台、と『西遊記』を思わせる世界から、近未来的な都会、恐竜のような生物が闊歩する辺境、遠い宇宙の星、天界にあの世、タイムマシンの登場、と奇想天外摩訶不思議なDRAGON BALL ワールドが展開して行きます。



作者 鳥山 明

1978年 週刊少年ジャンプ掲載『ワンダー・アイランド』にてデビュー。80年より連載した『Dr.スランプ』で一躍人気作家となる。『ドラゴンクエスト』『クロノ・トリガー』などゲームのキャラクターデザイン等も多数手掛ける。

『DRAGON BALL』連載終了後しばらく充電中だったが、96年『宇宙人ペケ』で週間少年ジャンプ誌(37号)に登場。97年『TOKIMECHA』『魔人村のBUBUL』に続き10月から連載された『COWA!』、翌98年7月からの『カジカ』はコミックスも発行されている。

  2000年11月、最新刊『SAND LAND』が刊行された。この作品は、週刊少年ジャンプ同年23号〜36・37合併号に連載されていた。



連載 週刊少年ジャンプ(集英社)

『DRAGON BALL』は、1984年51号から95年25号まで連載された。

連載開始の84年末に発行部数400万部を超えた『週刊少年ジャンプ』は、年々発行部数を伸ばし、88年に500万部、93年には最高648万部に達したと言われている。『SLAM DUNK』『幽遊白書』などの作品ともに『DRAGON BALL』の人気がその原動力となっていた。

90年10月の国勢調査を基にした93年の推計人口は、ジャンプが読者として想定しているであろう10才〜19才の男子が、およそ875万人であった。この数字から、当時のジャンプが少年漫画誌としては驚異的な発行部数であった事がわかる。と同時に、少年以外の多くの成人男性や女性が読者となっていただろう事も推測される。『DRAGON BALL』の魅力がそうした読者層を惹きつけていたことは想像に難くない。

他誌の追随を許さずトップを走り続けた『週刊少年ジャンプ』も、残念ながら95年夏に発行部数を落とし、82年以来の前年割れを経験した。同年5月の『DRAGON BALL』連載終了が最大の要因と言われた。



ジャンプコミックス(集英社)

85年9月から95年8月まで、全42巻が刊行された。

93年11月発行の36巻は、初刷200万部で、初刷部数トップとなる。シリーズ年間累計発行部数1300万部で、94年には1巻初版からの全累計が1億部を超える。99年10月に発行された1巻の増刷は95刷になっている。

2001年3月19日付けで各巻とも増刷されたようで、1巻は104刷となった。   (2001/6/10 追記)



アニメ

86年2月26日からフジTV系列にてTVアニメ放映開始。製作は東映動画(現、東映アニメーション)。

『DRAGON BALL』153話、89年4月26日よりの『DRAGON BALL Z』291話、他スペシャル2本が放映された。原作をアニメ化していた『Z』終了後、96年2月7日よりアニメオリジナル作品『DRAGON BALL GT』が登場、64話とスペシャル1本を放映した。97年11月19日『GT』終了で、11年を超えたTVアニメシリーズに終止符がうたれた。

劇場用アニメ映画も、86年の『DRAGON BALL 神龍の伝説』から96年の『DRAGON BALL 最強への道』まで17本が製作され、それぞれビデオ・LDも発売された。
TVアニメシリーズは、GT放送終了後5年を経ても何故かビデオ化されなかったが、地上波では全国各ネットで何度か再放送され、スカイパーフェクTVの東映チャンネルでも放映された。

ビデオよりDVDが主流になった2003年、よくやくDVDの『Dragon Box』がZ全話をVol1・Vol2に分けて発売され、 続いて2004年には無印(Z以前の放送)、2005年にはGTが、それぞれ『Dragon Box』シリーズとして発売された。 2005年11月からはZ各巻6話収録DVDの単巻発売とレンタルも開始されている。

劇場版17話収録の DVD BOX も、2006年3月発売予定だという。
詳細は 東映アニメーションHP へ。  (2006/1/9 追記)



過去のDB情報

4月5日(日) AM 9:00 より、フジTV系にて、アニメ「ドラゴンボール改」の放送が始まります。
情報確認は東映アニメーションにて。     (2009/3/11)



2009年3月13日、鳥山明『DRAGON BALL』を原作とするハリウッド映画、日本公開。
詳細は公式サイトでご覧ください。     (2009/2/11)


2006年3月、劇場版17話収録の『Dragon Box』発売予定。
詳細は東映アニメーションHP へ。    (2006/1/9)


2003年6月23日、コンビニ販売のコミック集英社リミックスにて『鳥山明〇作劇場「改」』其之壱が発売になりました。其之弐は7月28日発売予定だそうです。 詳しくは、集英社リミックスHP最新情報へ。    ( 2003/6/29 )


2002年11月26日、週刊「少年ジャンプ」を英訳した月刊誌「SHONEN JUMP」が米国で創刊され、DRAGON BALLも掲載された。詳しくは集英社HP内にあるSHONEN JUMPコーナーへ。
参考までに、読売新聞12月6日掲載の記事を紹介してみました。    ( 2002/12/19 )


DB完全版第1巻・第2巻、12月4日発売予定。詳しくは、 集英社HP「コミック情報」へ。

DBZついにDVD化。完全予約限定生産にて発売決定。詳しくは、 集英社HP「JUMPLAND」へ。

11月11日(月)DBZ再放送開始、毎週月曜16:30からフジTVにて放映。 ただし関東ローカル(フジTVのみ)のようです。詳しくは フジTVHPのアニメのコーナーへ。    ( 2002/11/3 )


2002年8月9日、ゲームボーイカラー版ソフト『DRAGON BALL Z 伝説の超戦士たち』 発売予定。
PS2版ソフトも2002年末発売に向け製作中とのこと。(Vジャンプ7月・8月号情報)   ( 2002/7/14 )
PS2版ソフトは2003年春発売予定となったそうです。 (Vジャンプ10月号情報) ( 2002/11/3 )

2002年3月、「ハリウッドでドラゴンボール実写映画化」という情報が、新聞各紙に掲載された。「サンケイスポーツ」HPに掲載された2002/3/13の記事を参考までに紹介しておきます。   ( 2002/5/7 )


参考図書

 『出版指標年報』1994〜97年 (出版科学研究所)
 月刊『創』1994年8月号、96年4月号(創出版)
 『日本国勢図会』1995/96年版(国勢社)
 『さらば わが青春の「少年ジャンプ」』(西村繁男著、飛鳥新社)




DRAGON BALL 資料館 TOPへ戻る

    by ヒトコ  ヒトコへのメール